関西で強い!オフィス機器の業者

関西での新オフィス~押さえておくべきポイント~

オフィス機器の調達~業者選びの重要性~

借りるか購入するか?

オフィス機器を新たに導入しようとするとき最初に直面するのは、自前で購入するかそれとも利用料を払って借りるかということでしょう。
トータルの費用は一般的に自前で購入するほうが安くなりますが、最初にまとまった金額が必要となりますし、使わなくなったときは自分で処分しなければならないというデメリットがあります。
また、複合機やパソコンといった比較的高額な機器を購入する場合、損金処理するためには資産計上して減価償却を行わなければならず、事務処理が煩雑になります。
その点レンタルやリースの場合は、賃貸料をそのまま損金として処理できるので、経理は簡単です。
手元の資金に余裕がある場合や長く使うことが予想される場合は購入、高額の機器やこの先どれくらい使い続けるか分からないといった場合はリースやレンタルを利用するのがよいでしょう。

レンタルとリースの違い

レンタルとリースは一見同じに見えますが、実際には大きな違いがあります。
確かにレンタルでもリースでも、利用者はお金を払って物品を借りるという点で共通しています。
しかし、レンタルではレンタル会社が持っている物品しか借りられないのに対し、リースではリース会社に自分の欲しい物品を買ってもらい、それを借りることになります。
そのため、リースを利用すると、レンタル会社が保有していないような最新機種や、マイナーな物でも借りることができます。

他方、レンタルが通常、月単位の契約でいつでも解約できるのに対して、リース契約は数年以上の契約となり、原則途中解約はできません。
また、レンタルの場合、通常の使用に伴う故障は貸し手の責任になりますが、リースの場合は借り手の責任になります。

このため、一時的に利用する場合はレンタル、新品やレンタル会社が保有していない物品を利用したい場合はリースと使い分けるのがよいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る