関西で強い!オフィス機器の業者

関西での新オフィス~押さえておくべきポイント~

複合機のメンテナンス~保守契約の仕組みと種類~

一般的な保守契約

ここでは、新品の複合機でメジャーなカウンター契約と、中古品でよく使われているスポット契約についてみてみましょう。

・カウンター契約
新品導入時の最も一般的な保守契約です。
印刷枚数に応じて代金を支払う代わりに、トナー代や修理費用が無償になります。
印刷枚数が多いほど1枚当たりの料金は安くなるように設定されていることが多いですので、あまり利用しない場合は1枚あたりの値段が高くなってしまいます。

・スポット契約
修理を依頼したときだけ費用を実費で支払う方式で、中古品の購入時によく使われます。
修理やメンテナンスの必要がなければ費用負担は発生しませんが、故障が発生すると修理費用が高額となる可能性があり、出費の見通しが立てづらいというデメリットがあります。
トナーは自分で用意する必要がありますが、市販品を利用しても問題ありません。

その他の保守契約

・キッドトナー契約
メンテナンス・修理費用込みの専用トナーを購入することで、修理費用が無料になります。
購入したトナーが切れるまでは無料でサービスを受けられます。
トナーが切れると指定のトナーを新しく買いなおすことで、引き続きメンテナンス・修理を無料で受けられます。
あまり印刷しない場合におすすめです。

・年間保守契約
毎年保守料金を支払うかわりに、メンテナンス・修理費用が無料になる契約です。
新品購入時にメーカーと直接契約を結ぶことが多いです。
トナー代は含まれておらず、トナーが切れたときは自分で購入する必要がありますが、キットトナー契約のように純正品だけしか認められないということはなく、市販のトナーを利用することができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る