関西で強い!オフィス機器の業者

関西での新オフィス~押さえておくべきポイント~

オフィス機器の調達~業者選びの重要性~

オフィス機器の調達には、購入、リース、レンタルという3つの方法があります。 リースとレンタルは一見同じように見えますが、大きな違いがあります。 それぞれにメリットとデメリットがありますので、よく見比べて自社にあったプランを選択できるようにしましょう。

複合機のメンテナンス~保守契約の仕組みと種類~

複合機の修理・メンテナンスには専門的な知識が必要になることもあり、導入時にメンテナンス業者と保守契約を結んでおくことが一般的です。 保守契約には大きく4種類ありますが、機種や購入元、リース会社等よって利用できる契約が限られますので、導入の際には先々のことも考えておく必要があります。

新しいオフィスの借り方~レンタルオフィス~

通常の貸事務所を借りる場合、敷金・礼金や、内装工事費、オフィス機器の導入などの初期費用が多くかかります。 初期費用を安く抑えたい方や、事業の状況に応じて柔軟にオフィスを変更したい方は、ぜひレンタルオフィスなど新しいタイプの貸オフィスを検討してみましょう。

オフィス機器調達の3つの方法~購入・リース・レンタル~

会社設立や、業務拡大などで新しくオフィスを設ける場合、複合機、パソコン、電話機などのオフィス機器を新たに調達する必要があります。
どのような機種を導入するかによって業務の効率性は左右されますので、高額な機器の場合は特によく検討してから決める必要があります。

また、オフィス機器は調達すれば終わりというわけではなく、修理やメンテナンスが必要になってきます。
とりわけ、頻繁に使っている機器は故障の確率も高くなりますし、使えなくなってしまうと業務に支障をきたしてしまうということも大いにありえます。
そのため、オフィス機器を調達する場合には、調達後のメンテナンスまで含めて考える必要があります。

パソコンなどの場合は社内の人材だけで対応することも可能ですが、複合機など専門知識が必要な機器の場合は外部の保守業者にメンテナンスを委託することが一般的です。
ただし、業者によっては特定の地域しか対応していなかったり、全国展開していても得意な地域と不得意な地域があったりします。
関西でも京阪神のような都心部では、ほとんどの大手業者が対応しているのであまり心配する必要はありませんが、少し地方に行くと対応が手薄になる場合もあるようです。
関西に本社を置くオフィス機器の業者には、株式会社フェイスや株式会社ACNといった会社があります。

オフィス機器を導入するときは、必ず修理・メンテナンスの体制についても確認しておきましょう。
このサイトでは、どのオフィスでも必須だと思われる複合機(コピー機)のメンテナンスに関する契約についても解説しています。

また、会社設立や業務拡大の際の代替策として、レンタルオフィスやシェアオフィスについても紹介しています。
レンタルオフィスやシェアオフィスでは、オフィス機器もセットになっていることが一般的ですので、自分で調達する必要はありません。

ニーズに合った最適なオフィスを手に入れましょう。

TOPへ戻る